著作権・所有権について

ホームページの著作権を考えるときは、判断するのが難しい点が多いといえます。裁判などで争われたとしても、ホームページ制作のような業種は、古くから存在していたものではなく、ホームページに関する著作権や所有権という問題も、比較的最近になって多くなってきた事例ともいえます。

ですから、これからホームページ制作会社に依頼するのであれば、そのような著作権や所有権の問題で、後々もめることのないように、しっかりとした知識を身につけておくことと当時に、利用許諾契約を適切に行っておくことが非常に重要となってきます。

一般的に、成果物については、代金を支払った時点で、ホームページ制作会社から、制作を依頼した側に移るということがいえるでしょう。しかし、出来上がったホームページにある、全てに関する著作権や所有権が移るというわけではないので、注意が必要です。

たとえば、ホームページ制作を依頼した側が、写真や原稿などを用意して制作会社にそれらのデータを渡したとしま す。その写真自体の所有権は依頼主にあると思われますが、その写真のデータをもとに、グラフィックソフトなどで加工することによって、所有権については、あいまいになってしまいます。
このような点については、法律でも微妙なところで、解釈の仕方によって異なる場合も多いので、不安に感じるのであれば、あらかじめ、お互いに確認しておくことが得策といえるでしょう。

また、ホームページ制作会社が所有しているフォトショップやイラストレーターなどのソフトで制作したものに関しては、フォトショップなどの著作権が依頼主に渡るわけではないので、あくまで成果物についてであると捉えるべきでしょう。できあがったホームページ上の画像などのデータの著作権は、依頼主に渡るのではないのです。

ですから、もし、ホームページ上にあるキャラクターの異なるポーズのものが欲しい、などという場合には、改めて費用が発生することになるでしょう。