ドメインを考えよう

ドメインとは、ひとことでいうとネットワークに接続しているコンピューターやスマホの場所と特定するインターネット上の住所表示のことをいいます。幅広いインターネットの中で、たどり着きたい目的のところに、間違えなく繋ぐために必要な住所となります。

住所となるため、世界のどこを探しても同じものはふたつはなく、特定されたひとつだけとなります。ホームページなどを作りたい方は、まずはドメインの取得をしなければ、いくら素敵でかっこいいホームページを作成しても、公開さえることが出来ず、繋げることはできません。

ドメイン取得は、希望するドメインの名前で取得できますが、先着順になっているため、先に同じ名前で取得した人がいた場合は、申請しても取得できません。必ずひとつしか存在しない事が基本なので、どんなドメイン名であっても、最初に申請すればその人の住所となるわけです。

ドメインは、世界中の国のさまざまな人が利用しているため、国際的に認定された機関によって管理が行われ、国や目的によって分けられています。
そのドメインの種類は、国籍や事業内容、業種などに関係なく、企業や個人的にもいくつもドメインを持つことができるgTLDドメインと地域や国に特化したccTLDドメインの2つがあります。gTDLドメインは、営利組織向けの.comやネットワーク関連向けの.net、情報向けの.infoなどをいい、ccTDLドメインは、日本国内に住所を持つ組織や団体、個人がもてる.jpとなります。

ホームページを持つ場合には、ご契約のプロバイダやレンタルサーバーで自動的にドメインが与えられ、それぞれが決めた文字列となるため、長いドメイン名となってしまうので、自分の気に入った文字列の独自ドメインを使うことができます。それには、ドメインの購入が必要となり、ドメインを販売している会社や.com、 .jpによりドメインの費用は異なります。

その後、プロバイダやレンタルサーバーを変更してもドメインはそのまま使用でき、ホームページの検索エンジンに登録しなおす必要もなく、一生涯使うことができます。