ホームページが表示される仕組み

ホームページが表示される仕組みは、HTMLやCSSという言語を利用し、ブラウザーに表示される基となるファイルを制作し、それをWebサーバーにアップロードすることによって、インターネットを通じてブラウザーで表示されるようになります。

ホームページ制作する場合、最初に行う事としてはHTMLとCSSを利用してページを作る事から始まります。
ページには写真や文章など自在に盛り込むことが出来、CSSを利用するとデザイン性も向上されます。出来上がったHTMLとCSSファイルは、そのままの状態ではホームページとしてインターネット上に公開されません。

完成したファイルをWebサーバーにアップロードし、URLを与えられることによって多くの人がアクセス可能となるホームページになります。URL(Uniform Resource Locator・ユニフォームリソースロケータ)は、利用するWebサーバーからのドメインに、ホームページに設定するアドレスを組み合わせたものになります。

ホームページに複数のページがある場合、URLの後に各ページのアドレスを組み合わせて使い分けられています。利用するWebサーバーによってドメインやトップページのファイル名は異なりますが、index.htmなどサーバーから指定されたファイル名がトップページになります。

Webサーバーは使用するデータ容量によって料金は異なりますが、自分で作る事も可能です。Webサーバーにアップロードされたホームページの基となるファイルは、製作段階ではHTMLやCSSのプログラム言語ですが、ブラウザーを通すことによってデザイン性豊かなオリジナルページとして表示されます。

ホームページ制作が完了し、サーバーにアップロードし、与えられたURLをブラウザーの検索エンジンに入力することで、世界中の人達がどこからでもインターネットを通してサイトを見る事が出来るようになります。