レンタルサーバを手配しよう

誰もが閲覧可能なホームページの制作を考えた場合、レンタルサーバの手配が必要になります。

サーバとは、クライアントと呼ばれる複数のユーザーが閲覧することを目的としたホームページの公開や、ホームページに関する各種ファイルの保存のほか、ホームページの運営・管理などを行うために構築された環境のことで、インターネットに接続された専用のパソコンが使用されます。これらを目的として業者が無料、あるいは有料で環境ごと貸し出しているのがレンタルサーバです。

レンタルサーバには、共用サーバと専用サーバがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

共用サーバは、1台の領域が複数の利用者に割り当てられています。このため、負荷の大きいヘビーユーザーと同居してしまった場合には、処理速度の低下が発生することもあります。しかし、比較的安価でレンタルできるという大きなメリットがあり、無料で提供している業者も数多く存在しているため、個人の趣味用途など小規模なものに向き、サーバの多くが共用サーバとなっています。

一方の専用サーバは、サーバ利用者とサーバが1対1の関係となっているため、他の利用者の使用状況に影響を受けたり、反対に悪影響を与えてしまうようなことがありません。多くの機能が利用できるほか、パフォーマンスや安定性が高いというメリットがありますが、そのぶんコストは割高となるため、一定の利益が見込める大規模なシステムに向いています。

もう一つ、共用サーバ内に仮想的な専用サーバ環境を作り出し、擬似的な専用サーバ環境を提供するVPSがあります。VPSは専用サーバと共用サーバの中間に位置づけされるもので、機能面で専用サーバには劣るものの、それに近いパフォーマンスや機能を提供できるうえ、専用サーバに比べ低料金での提供が可能となっています。

これらのサービスの中から機能やコスト、想定されるアクセス数などを考慮し、用途に最も適しているサーバを利用することが重要となります。”