スマートフォン対応について

最近のホームページ制作は、モバイルフレンドリーであることが要求されています。検索サイト大手のGoogleが、モバイルフレンドリーであるWEBサイトを、検索におけるランキングにおいて優遇していますし、WEBサイトを閲覧する側からしても、モバイル対応しているサイトは閲覧しやすいです。

モバイルフレンドリーなサイトというのは、要するにスマートフォンやタブレットなどのモバイル機器で見やすく、そして操作しやすいWEBサイトであるということです。そういうサイトを制作するために、最近、使われるようになってきたホームページの制作技術が、レスポンシブWebデザインです。

レスポンシブWebデザイン技術で作られているサイトは、アクセスする端末に応じて、最適なデザインに自動変換させて表示させることが可能です。

例えば、普通のパソコン向けのデザイン、7インチタブレット向けのデザイン、スマートフォン用のデザインをそれぞれ別々に設定することができます。別々に設定するといっても、レスポンシブWebデザインではHTMLページを複数作成する必要はありません。

スタイルシートの設定により、レスポンシブWebデザインを実現することができます。具体的に言うと、スタイルシ ートで端末の画面の幅に応じて、文字の大きさや、フォント、HTML要素の配置などを細かく設定します。
しっかり設定しておけば、アクセスしてきた端末に応じて、最適化されたサイト表示がなされ、とても使いやすいサイトになります。自分のサイトがモバイルフレンドリーなサイトかを確認するには、Googleの提供しているモバイルフレンドリーテストツールを使うとよいです。URLを入力してボタンを押せば、すぐに判定できます。

しかし、モバイルフレンドリーなサイト制作は、Googleがランキング要因にしているからやるのではなく、ユーザー のために使いやすいサイトを作るということが、本来の目的である事を忘れてはいけません。ユーザー目線を意識して、使いやすいサイトを作ることが大切です。